お祝い返し 熨斗 のし

熨斗(のし)

お祝い返しと言えば、熨斗の選び方や記入の仕方に悩む人も多いのではないでしょうか。
まず、基本的なマナーとしては熨斗袋や熨斗紙の表書きには、毛筆や筆ペンを使用してバランス良く丁寧に気持ちを込めて記入するようにしましょう。

熨斗のリボンの結び方が2種類ある事をご存知でしょうか。
それぞれ意味があります。
ダンゴくくりのようになっている水引きの結び方は、『結びきり』と言われていて解いて結べないという意味から、『二度と繰り返してはいけない』や『同じ事を起こさない』という意味がある結び方になります。
上記の理由から結びきりには、結婚の内祝いやお悔やみごとなどに使用します。

もう1つは、蝶結びになっている結び方で『蝶結び』があります。
蝶結びは解ける事から、何度同じ事を繰り返しても良いという意味があり、一般的なお祝いのお返しに使用します。
例えば出産など、何度繰り返してもおめでたいような時に、蝶結びの分を使用します。
熨斗のリボンから上の部分には、一般的には『内祝』と記入しましょう。
その他にも例えば、結婚のお祝い返しなら『結婚内祝』、出産のお祝い返しなら『出産内祝』と記入しても良いでしょう。

リボンから下の部分には、お祝い返しをする人の苗字を記入します。
ただし、出産のお祝い返しの場合や子供に関してのお祝い返しの場合には、お祝いをいただいた子供の下の名前を記入します。

今ではインターネットから気軽に熨斗まで付けてくれて、いろいろ選べます。
例えば、外のしにするか内のしにするかで迷う人も多いでしょう。
特にマナー的な事はありませんので、郵送の場合は破れ等のトラブルを避ける為にも内のしにしてもらうようにした方が良いでしょう。

お祝い返し関連情報