お祝い返し 相場

相場

お祝い返しの金額の相場は、御祝儀でいただいた場合にはいただいた金額の1/3〜1/2の金額でお祝い返しをします。
ですから、10,000円のお祝いをいただいた場合には3,000円〜5,000円が相場となります。
御祝儀ではなく、品物でいただいた場合にはマナー的にはお祝い返しは必要なく、御礼の電話をするかお礼状を書くかで良いといわれています。
しかし、私個人の意見としては品物でいただいても、社交辞令的にいただいた場合には内祝いとしてお祝い返しをします。
私はいただいた品物の金額が予想できない場合はインターネットなどで、だいたいの金額を調べて、その金額の半分の金額で内祝いの品物を購入して贈っています。

今では、インターネットで手軽にお祝い返しを購入して直接発送してくれるサービスが増えており、そちらを利用する人が多くいます。
インターネットで注文、個別へ発送となると贈る人数分にそれぞれ送料が発生してきます。
その送料の分、こちらが多く負担しないといけないといった事になりますので、上手に節約する事が大切です。
その場合、まとめ買いすると例えば『5,000円以上購入で送料無料』や、『まとめ買いで商品の○%割引』といったようなサービスを上手に利用する事によって、かなり節約できるでしょう。
またご近所さんに配る場合には、まとめ買い割引を活用して自宅に全部贈ってもらい、到着したら個別に自分がお届けする形をとると節約ができるでしょう。

上記で説明したお祝い返しの相場を上回ってしまうと、相手に気を遣わせます。
そして、相場を下回るとマナー不足となってしまって逆に嫌な気持ちを相手にさせてしまうので、相場はしっかりと頭に入れておかなければなりません。

お祝い返し関連情報