お祝い返し 開店祝い

開店祝い

開店内祝いの一般的なマナーとしては、品物を贈るのではなく開店したお店に招待をしておもてなしをする事が一般的です。
開店祝いイベントやパーティに招待すると喜ばれるでしょう。

高額な贈りものではなく、プチギフトをその開店パーティの帰りに手土産として渡してあげたら良いでしょう。
プチギフトには、会社名のロゴが入ったボールペンやタオルなどで十分でしょう。

その開店パーティの披露の仕方は業者によってさまざまあります。

招待する日を決めて、招待客にお店やオフィスを見ていただいて、そこでお酒やお食事のおもてなしをする場合や、何日間か招待客だけの為に店を開けて自由にいつでも見ていただく形式、立食式のパーティを会場を貸しきってする場合など、たくさんあります。


しかし、その開店祝いパーティに多忙や遠方が理由で来られない人に、内祝いの品を贈ってあげましょう。

開店祝いのお返しとして贈るものは、開店、開業する会社にちなんだ商品で小物を贈るのが一般的とされています。
その開店内祝いの金額の相場として、1,000円〜2,000円で良いでしょう。
かなりお世話になっている取引先の方への開店祝いのお返しはまた変わってきます。

そんな方には、『センスが良い』と思わせるような品物が良いでしょう。
そこで人気なのが、お米です。
色とりどりのふろしきで、包まれて6個ぐらいに分けられているお米のセットが人気です。
風呂敷がカラフルで尚且つ和を象徴するので、とてもセンス良く見えるでしょう。


上記の説明でご理解いただけたでしょうが、会社によって開店祝いのお返しの方法はたくさんあります。
飲食店なら、自慢の料理をお店に招待して出したり、アパレル関係なら自由にお店で見ていただいたりと、自分のお店にあった開店内祝いをしてみましょう。

お祝い返し関連情報