お祝い返し 初節句

初節句(端午の節句)

結婚や出産に対するお祝い返しは何となく理解できている人が多くても初節句のお祝い返しはどんなものを贈れば少し悩む人も多いのではないでしょうか。
特にコレといった決まり事はありませんが、初節句はやはりひな祭りにちなんだ贈りもので、かわいらしい雰囲気のあるものが喜ばれるかもしれません。
または、和の雰囲気のあるものも良いかもしれませんね。
一般的には、お砂糖やお菓子、かつおぶしが定番です。
そこで、初節句のにんきの内祝いを紹介しましょう。

●かまぼこ
お手軽価格では、かまぼこのピンクと白の各1本ずつで1,000円前後であります。
また、大家族に贈る場合にはかまぼこ3本とはも板をセットになったものもありますので、参考にしてください。
それでも、3,000円前後とお手軽価格になります。

●ひなあられ
京都の有名なお菓子屋さんから取り寄せて、本場のひなあられを贈るのも良いでしょう。
お子さんがいるご家庭への贈り物に喜ばれるかもしれません。
名入れをしてもらい、ピンクや緑、白と色華やかなひなあられはかわいらしさ満点なのでオススメです。

●うどん
うどんは、一般の家庭でも年中非常に使いやすく手軽に食べられる食品なので、気に入られるでしょう。
大家族に人向けに、たくさんのうどんがセットになったものもあり、うどんなので価格もお手軽ですのでオススメします。

●お米
初節句用にお米の内祝いもあります。
かわいい、和の袋に名いれや顔写真を入れてもらい、魚沼産と新潟産のコシヒカリに分けられて2つの袋に入って贈ってくれるところもありますので、かわいらしくコンパクトなイメージなので、初節句の内祝いに最適でしょう。
お米は毎日食べる食品ですので、喜ばれる事間違いなしでしょう。

お祝い返し関連情報